はい。問題なくLINEのメッセージのやり取りやLINE電話、050plusなどのIP電話も使えます。

3GB/月や5G/月などの契約している高速データ通信の容量を使い切ってしまうと

通信速度が制限されて低速通信になります。

 

この時でもLINEのメッセージのやり取りやLINE電話、

050plusなどのIP電話も使えますし普通にインターネットも利用する事も可能です。

line-phone

ただ、動画は低速通信時は読み込みに時間がかかりすぎてとても見れるような状態ではなくなりますので中止してください。

YouTubeでは低画質で見ることができますので低画質モードであればなんとか見ることが可能です。

 

低速通信時でも快適に使える格安SIMはmineoDMM mobileです。

この2つの格安SIMは他の格安SIMにはないバースト機能というものを搭載しており

低速通信時でも快適に使えます。私的にはユーザー満足度ナンバー1を獲得している

mineoを選んでおけばまず間違いないと自信をもってオススメします。

 

月ごとの高速データ通信を使い切った場合やライトプランの200kbpsの速度であっても

このバースト機能があるため、最初の数秒間の通信だけ150Mbpsの速度が出るようになっています。

 

軽いサイトであれば高速通信モード時と同じくらいサクサク見ることができるので

この2つのどちらかのSIMを選択して間違いありません。

 

mineo(マイネオ)はau系とdocomo系の両方の格安SIMプランを提供しており

ドコモプラン、auプランとも高速データ通信の翌月繰り越し機能、バースト機能に対応しています。

 

家族割やパケットを分け合える機能、パケットギフトなどお得な機能がついています。

au回線で高速データ通信の繰り越しに対応している格安SIMを使う場合はmineoが唯一の格安SIMになります。

 

icon-arrow-blue  mineoの詳細・評判を見る

icon-arrow-blue  DMM mobileの詳細・評判を見る